ほうれい線を消すサプリはコレ!体の内側から変える!

ほうれい線を消す!インナーケアにおすすめ「サプリメント」情報サイト

「あれ?!いつの間に、ほうれい線が・・・」いつの間にかできている「ほうれい線」という口角にきざまれる深いシワ…。

 

とても目立ちますし、老け印象の代表格の肌のお悩み。30代以上の多くの女性が悩んでいます。

 

ほうれい線に気づいたら、それは「エイジングケア」を始めるタイミング!

 

悩んで落ち込むのでなく、「気づいてよかった」とまずは前向きにとらえてみてください。

 

ほうれい線は、一度できてしまうとなかなか消せません。でも、薄くしたり目立たなくしたり、消すことだって不可能ではないのです!!

 

そのためにはエステサロンでの施術や美容クリニックを利用する方法も効果的ですが、その前に試しておきたいのが、セルフケア。エイジングケアに良い化粧品でのスキンケアはもちろんのこと、それより大切なケアが『インナーケア』なのです。

 

体内からのケアという意味で、体の内側から、ほうれい線にアプローチするもの、シワ対策になる成分を取り込むことが、ほうれい線を消すために役立ちます。

 

そこでおすすめしたいのが、毎日手軽に続けられるサプリメント

ほうれい線にサプリメントが効く?サプリを利用する目的!

ほうれい線を消すために取り入れたいインナーケアアイテムとして、サプリメントがおすすめです。

 

サプリメントの目的はずばり、美容成分を体内から補うこと!

 

そもそも、ほうれい線などのシワができてしまうのは、体内にあるエラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸などの美容に欠かせない成分が減ってしまうから。

 

ですから、それを補うことによってエイジングケア、つまり若返りケアになり、本来の美しく若々しい肌を取り戻して、ほうれい線対策になるのです。

 

ほうれい線対策としてサプリメントを利用する場合は、「プラセンタ、エラスチン、ヒアルロン酸」が入っているサプリメントがおすすめです。

 

これらの美肌成分が補えると、体内から肌をふっくらとさせて、ほうれい線を目立たなくする効果が期待できます。

 

医療施術のように体に負担もかけず、本来の体内成分補給になるので、きれいな素肌づくりにおすすめ♪

ほうれい線に効かないサプリは選ばない!気を付けたいポイント

最近では、美容のためにサプリメントを取り入れるケアはポピュラーになっています。そのため、美容に良いサプリメントの種類も増えていて、たくさんあります。

 

中には、効果が期待できないものも・・・。また、目的に合っていないと、効果にも期待できません。

 

そこで、ほうれい線対策を目的にサプリメントを選ぶなら、おさえておきたいポイントをまとめてみました!ぜひ、参考になさってください。

 

《潤いやハリを高める成分が入っていること》

 

ほうれい線ができる原因は、肌の潤いが減ってしまうから。ハリも失われてしまうことで、ほうれい線だけでなく、目立つシワができてしまうのです。

 

ですから、ほうれい線対策に、エイジングケアには、潤い力とハリを高められる成分が摂れることが大事なポイント!

 

その有効成分とは、「プラセンタ、エラスチン、ヒアルロン酸」などです。プラセンタは中でも美容成分として高い評価を得ていて、胎盤を意味し、さまざまな栄養が補えます。

 

エラスチンやヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分であり、それが不足することでシワができやすくなるので補う必要があります。ですから、これらの成分は必要不可欠。

 

またこの他にも、コラーゲンやビタミンCが入っていると、より美肌効果が期待できます。

 

《有効成分がしっかり摂れること》

 

例えば、良質なプラセンタを使っていたり、エラスチンやヒアルロン酸やコラーゲン、そのほかにも美容成分がいろいろと配合されていたとしても!

 

その配合量がごくわずかでは、効果にも期待できません。たとえば、10mg必要なところ、たった3mgしか摂れなければ、効果にも期待できないことがお分かりいただけるかと思います。

 

成分によっては過剰摂取に注意が必要なケースもありますが、十分な量を補わないことには、効果も得られません。ほうれい線をしっかり対策し、若々しい素肌を目指すためには、配合量もきちんとチェックしておきましょう。

 

配合成分がよくて、なおかつ成分の配合量が良いものが、ずばり利用価値のあるサプリです。

 

《続けやすさ》

サプリメントは特効薬ではありません※

 

継続的に利用することで、美肌効果や美容効果が期待できるものです。健康補助食品であり、その中に含まれる栄養成分を補い続けることによって、肌のハリアップになり、ほうれい線ケアにつながります。

 

ですから、継続しやすさも、サプリメント選びでは重要になります。まずひとつは、一度に摂取する量です。大量に飲むものは大変で続けにくくなるかもしれません。

 

次に、「コストパフォーマンス」こちらがもっとも大切なポイントですね。価格が高いものは良いサプリメントでも、続けられなければ意味がありません。予算に見合う、適切なコスパのものを選びましょう。

 

以上の3点が、絶対おさえておきたいポイント!これを参考に、サプリメントを比較してみてください。

 

そして、当サイトではあらかじめ、比較してピックアップしました!

おすすめ!ほうれい線対策サプリを厳選しました※ランキング

上述にあげたポイント、有効成分と配合量、コストパフォーマンス、さらに利用者のクチコミもリサーチして、3つのサプリメントを厳選してみました。ぜひ、参考にしてくださいね♪

 

FUWARI(ふわり)

おすすめポイント!

『FUWARI(ふわり)』は、プラセンタを高配合した人気のサプリメント!

 

美容サプリ、エイジングケアサプリ、プラセンタサプリとして、ネット上でも口コミで話題になっています。口コミ情報も参考にした結果、イチ押しに選びました。

 

プラセンタの配合量をみてみると、なんと、原液換算で7,200mgも!これは1袋に含まれる量ではありません。1日分で摂れる量なのです!

 

さらに肌に嬉しい美容成分が5種類も厳選配合されています。プラセンタ+アスタキサンチンやヒアルロン酸やエラスチンなどの成分が、体内から肌にアプローチをかけて、きれいな素肌に

 

価格 980円から
成分 プラセンタ原液換算7,200㎎、アスタキサンチン、ヒアルロン酸、エラスチン

 

公式サイトへ

 

ヒアロモイスチャー240

おすすめポイント!

『ヒアロモイスチャー240』は、キューピーアヲハタが作った安心のサプリメント!美容・美肌に欠かせない成分といえば?そう、「ヒアルロン酸」を配合しています。

 

ヒアルロン酸は年齢とともに減っていく成分で、これがないと保湿や肌のハリが低下する原因になります。純度90パーセント以上ものヒアルロン酸Naを配合しているのが特徴です。

 

年齢とともに減る、食事では補いきれない。だからこそ、ヒアルロン酸を手軽に補って、健やかで美しい肌を目指しましょう!

 

価格 1,780円から
成分 純度90%以上のヒアルロン酸Na

 

公式サイトへ

 

エラスチンナイト

おすすめポイント!

『エラスチンナイト』は、美肌に欠かせない、年齢とともに減ってしまうエラスチンに着目して作られたサプリメントです。

 

リピート率は99パーセント!高いリピート率があらわすように、美容効果が期待できるエラスチンサプリメントです。

 

コラーゲンをしなやかにする働きがあり、エラスチンのほかにも、プロテオグリカンやヒアルロン酸、コラー源ペプチド、ビタミンCも配合しているマルチな美容サプリメントです。

 

不足しがちな美容成分が、毎日手軽に補えます。複数のサプリを利用する手間もありません。

 

価格 3,940円
成分 高分子エラスチン、コラーゲンペプチド、ビタミンCパルテミート

 

公式サイトへ

 

ほうれい線に効く?『ビタミンC誘導体』の作用

ほうれい線に悩む女性は多いです。とくに30代以上になると、いつの間にかできてしまったほうれい線に悩まされるもの。

 

細かいシワは隠せても、ほうれい線は隠しにくいですし、口角に深く刻まれたほうれい線は老け顔の印象になります。

 

まだ30代でも、40代、50代と実年齢よりはるか上に見られる原因にもなります。それほど、美年齢を老けさせるのが、ほうれい線です。

 

厄介なことに一度できると消しにくいものです。が、セルフケアできれいに目立たなくしたり、若さを取り戻すことができます。

 

ほうれい線が気になり始めたら、それはエイジングケアを始めるタイミング!

 

プラセンタやエラスチン、ヒアルロン酸などが有効成分としてあげられますが、『ビタミンC誘導体』も肌の悩みを解決する強い助けになります♪

 

ビタミンC誘導体とは、簡単にいうと、体内や肌に入ってから「ビタミンC」に変わる成分のことです。

 

この性質から、ビタミンCそのものを摂取するよりも、効率よくビタミンCを補えるため、美容にはビタミンC誘導体の方が効果があると言われています。

 

そのため、ビタミンC誘導体を配合した化粧品や、サプリメントが多くのメーカーから登場しています。

 

ビタミンCは「美肌ビタミン」とも呼ばれていて、健康にも美容にも欠かせないビタミンです。

 

主に「抗酸化作用」があることで知られています。体の酸化防止になり、酸化は老化の元であることから、エイジングケアやアンチエイジング、つまり若返りサポートになります。

 

さらに、コラーゲンを作り出すために必要な役割もあります。ビタミンCが足りていないと、体内でのコラーゲンの生成量も落ちてしまうのです。それほど、ビタミンCは重要です。

 

ビタミンCによってコラーゲンが増えたら、肌もふっくらとしてハリが出て、シワ対策になりますし、抗酸化作用のパワーをもって、アンチエイジングになります。

 

ビタミンCは変質しやすい成分なので、サプリメントや化粧品を利用されるなら、ビタミンC誘導体がおすすめです。効率よくビタミンCを補って、若い肌をキープしましょう。

ほうれい線と『たるみ』は関係がある?

多くの女性が30代を超えると、悩まされる肌のトラブルといえば「ほうれい線」です。気づいたときには口角に深く刻まれていて、がっくりと落ち込んでしまうもの。

 

老け顔の印象になりますし、化粧でカバーするのも難しいものです。同じタイミングで、気になる肌トラブルに「たるみ」があります。

 

若いころのようなハリが失われて、たるんでいるなぁと感じることはありませんか?顔のたるみと、ほうれい線は実は関係していて、そもそもたるみが、ほうれい線の原因になると言われています。

 

ほうれい線は乾燥などが原因で起こることもありますが、たるみができていると、筋肉の老化によって新陳代謝が悪くなります。いわゆる、肌のターンオーバーが乱れて細胞の生まれ変わりが滞り、古い角質が表面に居座ってしまいます。

 

この結果、脂肪や肌を支える作業ができなくなり、だんだんと肌はたるんでいきます。こうしてたるんだ部分が、口元に落ちていくことにより、ほうれい線ができてしまうのです。

 

まるでブルドックのように、顔の下部がぶるんっとたるんでしまいほうれい線が目立つ顔立ちになってしまいます。

 

たるみを防いでほうれい線も対策するためのカギは、顔の筋肉をしっかりと強化すること!

 

表情筋を鍛える顔のストレッチを適度に行う習慣をつけると、顔のたるみを防いでハリを維持し、ほうれい線予防になります。もちろん、スキンケアや栄養補給も欠かせません。

 

年齢とともに減っていく、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどがハリに欠かせない成分なのでしっかり補って、若々しい肌を維持していきましょう。

ほうれい線対策におすすめの簡単表情筋ストレッチ

顔の筋肉が衰えてしまうと、顔全体がたるんでしまいます。すると、そのたるんだ部分が重力に従って落ちていき、口元に目立つほうれい線ができてしまいます。

 

ほうれい線を防いだり、改善していくためには、肌にハリをもたせることが大切。ハリに必要な、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンを補いながら、顔の筋肉を鍛えることでハリアップになります。

 

筋肉を鍛えすぎるのも、あまりよくありませんが、適度なストレッチは若さあるハリ肌に効果的です。

 

ほうれい線があるとないとでは、実年齢と見た目年齢では差がつくものですから、ぜひストレッチも習慣にして、若い肌を維持してみませんか。

 

顔の筋肉というのは、いわゆる表情筋のことです。

 

表情を動かすことで使われる筋肉です。よく、シワができるのが気になって、大口をあけて笑わないという人もいますが、それは逆に筋肉を衰えさせてしまうので注意してください。

 

表情筋のストレッチ法は、簡単です。口を大きくあけて口角や顔の筋肉を意識しながら、「あ・い・う・え・お」と発音するだけです。しっかりと口を動かすことで顔の筋肉が鍛えられます。

 

また、空のペットボトルで息を吸ったり吐いたりのストレッチ、風船を膨らますのも効果的です。カラオケで歌を歌うのも、表情筋を使うことになりますし、気分もリフレッシュできておすすめです。

 

でも、ストレッチのやりすぎにはご注意ください。過度のストレッチは、あごに負担をかけてしまうので気を付けてくださいね。

ガムを噛むほうれい線対策ストレッチ

普段、ガムを噛むことはありますか?

 

エチケットのために噛むものですが、実はガムを噛むことはほうれい線対策のストレッチになります!

 

ガムを噛むときの「咀嚼そしゃく」が、口まわりの筋肉が自然と鍛えられるため、表情筋を鍛えるのと同じように、顔のたるみ対策になってほうれい線ケアになります。

 

ほうれい線予防にもおすすめですし、改善のためにもおすすめ。

 

現在では、やわらかい食品が増えたことで昔の人に比べて咀嚼回数が減っています。これもまた、若い人でもほうれい線ができやすくなっている原因のひとつと考えられています。

 

なので、ガムを噛むことを生活に取り入れると、口のまわりの、たとえば口輪筋などの筋肉が鍛えられて、顔も引き締まってエイジングケアになります。二十顎対策や小顔硬化も期待できますよ。

 

しかも、ガムを噛んでいるときは、無意識のうちに首やデコルテラインの筋肉も使われているので、全体的に引き締まる効果も期待できますし、血流が良くなることで目の疲れ対策にもなると言われています。

 

とくに、姿勢を正してガムを噛むと効果的です。ただし、過度にガムを噛むあごに負担をかけるので気を付けましょう。

ほうれい線と『表情筋』の関係

顔の筋肉、表情筋はアンチエイジングに重要な部分です。

 

表情筋とは、いわゆる、顔の表情によって動く筋肉です。怒ったり、笑ったりしたときに使われる筋肉のことで、これらの筋肉と「ほうれい線」は関係しています。

 

表情筋を使うとシワができそうというイメージもあるようですが、筋肉を使わないと、筋肉は衰えてしまいます

 

すると、筋肉の低下によって顔の脂肪などが支えきれなくなり、たるんでしまいます。つまり、表情筋が衰えると、若いうちから顔がたるみやすくなってしまうのです。

 

ですから、表情筋を鍛えて適度な筋肉を維持するようにすると、ほうれい線の対策や改善になります。また、リフトアップにもなり、若々しくきりっとした顔立ちを目指せますよ。

 

表情筋を鍛えるストレッチは簡単です。たとえば、口を大きくあけて「あ・い・う・え・お」と発声するだけでも口輪筋などの筋肉が鍛えられて、ほうれい線対策になりますし、舌を大きくぐるりとまわすなどのストレッチも効果的です。

 

このような簡単なストレッチを毎日コツコツと続けることにより、肌に良い刺激を与えてハリアップになり、気になるほうれい線ケアにぴったりです。

 

また、もっと簡単な方法で「美顔器」を取り入れるケア方法もあります。

 

たとえば、「EMS美顔器」という美顔器を利用すると、安全に筋肉を引き締めることができ、効果的にほうれい線や肌のたるみケアになります。

 

ほうれい線にそって下から上にむかって使うと、より効果的です。最近は美顔器もお手頃なものや、多機能なものも出ていますので、そちらも検討してみてはいかがでしょうか。

ほうれい線に効く?『お灸』の施術方法

ほうれい線やたるみ、むくみ、リフトアップなどに、「お灸が効く」という話を聞いたことありますか?

 

お灸といえば、健康に良い施術というイメージがあるかと思います。体のこりや疲れをほぐす効果が有名ですが、実は美容にもよく、その効果から現在では女性の間でも注目を集めています。

 

お灸の施術では、「モグサ」という草を使用します。これを皮膚の上にのせて、火をつけて燃やします。これによって、温熱効果がツボに働いて良い刺激を与え、皮膚や筋肉の調子を高めます

 

さらに、モグサには薬効成分が多く含まれており、その成分による作用も相乗します。

 

熱そう、やけどしそうで怖いというイメージもあるかもしれませんが、基本的には安全でモグサはそれほど高温にならないのが特徴です。プロのもとで施術を行う分には安全にご利用いただけます。

 

また、近年では、火を使わないお灸のキットも販売されているそうです。

 

このようなお灸が、ほうれい線に効くと言われている理由ですが、「血行促進」に理由があります。まず、ほうれい線を改善するにあたって、血行促進は効果があると言われています。

 

そもそも血行が悪いと、新陳代謝が低下し、いわゆる肌のターンオーバーが乱れて古い角質は残り、たるみやすくなってハリも失われてしまいます。この結果、ほうれい線などの目立つシワができてしまいます。この点に働くのが、お灸です。

 

血行を良くすることでターンオーバーも促進されて、美肌効果が期待できます。体が冷えやすいなどのタイプの人にはとくにおすすめの施術です。

 

お灸の施術を受けるにあたっての注意点としては、疲労時や体調不良時、飲酒後などは控えることです。また、肌が弱い方は専門医に相談してから利用するようにしてください。